4/4KICKS@freaky show

150719

2015.7.19@freaky show
OPEN 22:00 DOOR 2500¥ 1D

Special guest
DJ Hi-shock(Elektrax Music)

Guest live
SERi(AcidWorx,HypnoticRoom,translucent)
MASTER MASTER

DJ
Hospital go(4/4kicks,MICHIKO)
Tsuyoshi(TB/クラテン/R&P)
Vitamin(Wolfen/CKB)
and more

VJ
VJ HAL

Advanced Human (aka DJ Hi-Shock) はデトロイトやシカゴと言った初期のエレクトロニックサウンドに多大なる影響を受け、
一方で総明期のジャーマンテクノやベルギーニュービートに見る地下電子音楽にも傾倒した。
1992年、DJ Hi-Shockとしてその多岐に渡るキャリアを開始。
90年代のシドニーにおけるレイヴシーンやテクノシーンで頭角を表すのに多くの時間を必要としなかった。
以降、常に己の技術を探求し続けるその姿勢はヴァイナル・スピンおよびプロダクション・ワークの双方において
そのレベルを遙か上の領域へと押し上げた。

また、近年では、Elektrax Music レーベルグループ (Elektrax Recordings を始め、Gynoid Audio, Counter Pulse,
Translucent, Android Muziq, Hypnotic Room, AcidWorx, Achromatiq, Darknet と言った名だたる
TECHNO レーベルがこれに所属) を設立・運営に携わり、その地位を確かのものとしている。
後に始動したAdvanced Human 名義では、Gynoid Audio、Synewave、Planet Rhythm、Counter Pulse、Android Muziq、
Starkstrom Schallplatten、Dynamic Reflection から自身のサウンドをリリース。
それらの楽曲は Luke Slater や Adam Beyer、Tommy Four Seven、Chris Liebing、Damon Wild、Gregor Tresher、
DJ Deep、Dave Clarke など、この他にも数多くのアーティストによりプレイされチャートにランクインしてきた。

現在の彼が手がけるサウンドはダブの要素を取り入れた退廃的な世界観と表現できる。それは冷徹さ、ブリープな効果音、複雑なパーカッション、ダンスフロアの衝動であり、ディープテクノあるいはグリッチテクノの未知領域への探究である。

Bookmark the permalink.

Comments are closed