[解決]映像出力が一瞬途切れる不具合について

[環境]
MAC BOOK PRO(2010 MID)
HDD(500GB) , メモリ4GB
thunderboltからD-Subに変換してプロジェクタに出力。
PC(VJソフト”modul8″ → マッピングソフト”MadMapper”) → tripleHead → プロジェクター

[はじめに]
2ヶ月程前から映像出力時に映像が一瞬途切れるようになった。
(プロジェクターの映像が一瞬消えて信号が見つかりません表示。すぐに映像が復旧する。)
10分に1回ぐらいの頻度で、1分間に3~4回連続して発生する事もあり。
解決に至るまでの調査と結果についてまとめます。

[調査 & 結果]
1.電源供給が不安定なので発生する説。
 プロジェクターの電源を1つのタップから2~3台取っていたので電圧不安定が原因ではないか?
 プロジェクター1台でも発生したので電圧が原因ではない。
2.tripleHeadの故障説。
 tripleHeadを使用しないマッピング時にも発生するので原因ではない。
3.PCスペックが低い説
 映像を複数再生するとカクつく時があったのでPCスペックを強化して改善を試みた。
 HDDをSSDに、メモリを4GBから8GBに換装したが発生したのでスペックが原因ではない。

じゃあなんだよ。。。
色々とHPを検索するが同様の現象を見つけられない。
半ば諦めかけていた時1つのヒントを見つけました。
それは”無線設定を切る”というもの。
早速AirMacを切ってみると確かに発生しないぞ。
2ヶ月ぐらい前にmacのアップデートを行う為にAirMacを入にしたのと発生タイミングも合う。

そして昨日設定を変えてから初めてのマッピングを8時間行って一度も切れませんでした。
というわけで原因は”AirMacを切る”でした。

ここからは憶測です。
AirMacが入っていると無線を拾いに定期的にチェックを掛けているかもしれません。
マッピングをしている状態でmacでブラウザを開いて情報収集をしていたところ、
特定のサイトを開くと高確率で映像が途切れていたので別の理由があるのかもしれない。

MAC BOOKの排熱について

Mapping中に尋常ではないくらいPCの温度が上がり背面は手で持てないくらいの温度になりました。
温度上昇の原因と対策について考えて見ました。

アクティビティモニタで使用しているアプリケーションのCPUの使用量を調査します。
CPUの使用量が多ければ温度上昇の原因となっていると考えられます。
アクティビティモニタは[アプリケーション]-[ユーティリティ]-[アクティビティモニタ]から起動します。

150330

[原因]
VJソフト”modul8″でCUP使用量が90%オーバーしていた。
ソフトの設定で使用量を下げる事も可能ですが、色々と設定を触っている内に決定的な理由を発見しました。
外部映像を取り込むとCPU使用量が極端に上がります。
私の場合、取込み設定有り(使用量90%)。取込み設定無し(使用量40%)
マッピングソフト”MadMapper”のCUP使用量は40%ぐらい。
両方あわせると130%なのにどういう計算なのかわからない。。。

[対策]
1.PCを分解してファンの埃を取る。
2.ファンの制御ソフトを設定してファンの起動タイミングを設定する。

動作確認をしていて気になった点があります。
それはPCが暑くなっているのにファンが動き出さない事。
デフォルト設定ではファンの起動が遅すぎるので設定を変更すれば解消できるみたいです。
“Macs Fan Control”というソフトをダウンロードします。

150330

このソフトを入れて知ったのですが、macはPCのパーツ毎の温度を計測しているようです。
その中で一番温度が上昇しやすいCPUの温度が○度以上だった場合はファンを回すという設定を行います。

何もしない状態で50度前後だったので”ファン速度が増加を始める温度”を55度に設定。
“最大温度”を65度に設定しました。

ファンが回ると一気に温度が下がるのが確認できます。

MAC BOOK PRO(2010 MID)のHDDをSSDに換装

150330

VJ用に使用しているmac book proで、映像のカクツキや出力が一時的に止まってしまう為PCのパワーアップを図ることにしました。
今回はHDDからSSDに引越ししてアクセス速度の改善を試みます。

OSが”Lion”だと簡単な引越しができるという情報を発見。
http://datarescue.yamafd.com/howto_clone_hdd_to_another_mac_internal_hdd_3/

しかし自分のOSは”snow leopard”なので別の手を考えなくてはいけない。。。
知り合いからTimeMachineを利用した引越しが簡単であるという情報をゲット。
その内容は下記3点
1.現在使用中のHDDから外部HDDにTimeMachineでバックアップを作成。
2.macからHDDを外し、空のSSDを装着。
3.”バックアップから復元”機能を使い外部HDDで取ったバックアップからSSDにPC情報を引越し

ではTimeMachineのバックアップ。
https://support.apple.com/ja-jp/HT201250

“バックアップから復元”機能はこちら。
http://inforati.jp/apple/mac-tips-techniques/system-hints/how-to-restore-macos-system-from-time-machine-back-up.html
最近のmacは”command”キーを押しながらPC起動するとリカバリーの選択画面が表示されるらしいが、
私のはCDから起動しないとこのメニューは表示されなかった。ここで小1時間程悩む。。

そして。。。

無事にSSDに換装できました。
PCの起動時間が40秒から15秒ぐらいに短縮されました!!


この手段ではBoot Campは移行できないので別の方法を考えねばなりません。
Boot Campはまた次の機会に挑戦してみます。

別件ですが、Macの起動が遅いなぁ~と感じた時の対処方法なるものがいくつか紹介されています。
合わせて実行してみたので是非お試しあれ。
http://blog.livedoor.jp/khb02323/archives/51256507.html
http://developerwaiwai.blogspot.jp/2013/02/mac-os-x.html

macのターミナルで以下のコマンドを実行しろというものです。
sudo kextcache -system-prelinked-kernel

mac初心者なのものでターミナルが何たるかを理解していませんでした。
Windowsでいうコマンドプロンプトです。
Finderを起動し「アプリケーション」→「ユーティリティ」から「ターミナル」を起動。