TripleHeadをMacに接続

TripleHeadを使用するとPC映像を横並びに出力できます。
(例 : 1台のPCから最大3つのプロジェクターに映像出力が可能。)

今まで使用してきて苦労した点がいくつかあったので覚書。

1.TripleHeadを購入したら下記サイトからドライバーをダウンロードします。
http://www.matrox.com/graphics/jp/support/drivers/

2.ドライバーをインストールすればTripleHeadがPCに認識されます。

3.macのディスプレイ設定ではこんな感じに見れます。
外部モニタとして2400×600で認識。(800×600が3枚)
triplehead

注意
Mac起動前にMacとtripleheadを接続しておかないと認識しません。
その上で”ディスプレイを検出”すれば認識します。
認識しない場合、再起動すれば上手くいく事がありました。

modul8の設定(複数映像出力等)

modul8で複数の映像を出力する設定を紹介します。

1.modul8のメニューから”Preferences”を選択します。
modul8

2.Mediasタブでmemoryの割当て設定をします。
デフォルト値は忘れましたが現在はこんな設定です。
modul8

3.Video Captureタブで外部映像の入力設定をします。
“Source And Settings”ボタンを押すと現在入力されている映像の確認と設定ができます。
modul8

4.Preview Panelタブで映像出力のパネル比率を設定をします。
今の設定は”4/3″のパネルを横並びに4つ出力するのでCustomで”16/3″と設定しています。
modul8

5.Miscタブで映像出力のサイズを設定をします。
私の場合はSyphon経由でMadMapperに出力しますので”Syphon output size”を設定します。
“1280×240″というのは”320×240″を横並びに4つ出力するという事です。
(ここでPreview Panelタブの設定と合わせている)
modul8

modul8で音楽を再生する場合

modul8で音楽を再生する場合の覚書。
“SOUND LEVEL”の”OUT”のボリュームを上げるだけ。

150228

VJ用途以外で使っている人を見た事がないのであまり需要はないかも。
マッピングをする場合に音付き映像を流す場合に使いました。

ファズ@Dazz Bar

DJ OSMXXとSHIGeによる平日パーティ”ファズ”の1周年に出演します。
マッピングを行いますので是非遊びに来て下さい。

———————————————————————–

150228

レジデントDJ OSMXXとSHIGeによる、ヨツウチを中心にあらゆる雑多な音色を奏でる多ジャンルパーティー◉ファズ◉
常盤町dazzbarにて開催されるド平日パーティーが一周年を迎え、4/11土曜日に初の週末開催!
今回ゲストDJとして…東京をベースに活動するDJ/トラックメイカー、DEXPISTOLSのDJ MAAR実弟であり、若き才能『TAAR』を招聘!卓越したミックスセンスと洗練された選曲を堪能できるであろう。
そしてファズ一周年に呼応して、静岡エレクトロミュージックシーンの新進気鋭DJ/ VJ陣が一堂に集結!
刺激的で歪んだ音塊がダズの黒壁に鳴り響く!
2015.04.11 (SAT)
◉ファズ◉
@dazzbar
OPEN : 21:00-
ADV : 2000yen
ADM : 2500yen
GUEST DJ
TAAR (PARK)
Special DJ Unit
BIG MAC BOYS
(OSMXX & PUKU)
Miso2
(Hatsumiso & Tarumiso)
DJS
SHIGe(PRISM)
8102
Lily(Shade)
Sumire
VJ
HAL(PRISM)
KINN
★TECHNO,HOUSE,and many good music”dazzbar” ADDRESS : 静岡市葵区常磐町3-2-12 タケジビル2F
★Guest DJ Profile
TAAR
東京を拠点に活動するDJ/トラックメイカー。常に変化するシーンに対し柔軟にスタイルを変化させながらも一貫したオリジナリテイを追求し、都内はもとより全国各地のダンスフロアを沸かしている。2012年に自主制作で1stアルバム『abstrkt』をリリース。限定生産でのリリースとなったこのアルバムは全国のレコードショップで品切れが続出し即完売。特に国内外のダンスミュージックを専門に扱うレコードショップGAN-BANでは発売2週間でその年に最も売れたアルバムとなる大ヒットとなった。続くリミキシーズアルバム『re:abstrkt』にはJUN (80KIDZ)やFragment、DJ SODEYAMA他、世代やジャンルを超えたリミキサーに迎え話題となった。ファッションショーやエキシビジョンの音楽プロデュースや楽曲提供も行っており、DJ/トラックメイカーの枠に留まらない“次世代の音楽家”として活躍が期待されている。
SOUNDCLOUD
http://soundcloud.com/taar88
TWITTER ID
TAAR_88

[解決]映像出力が一瞬途切れる不具合について

[環境]
MAC BOOK PRO(2010 MID)
HDD(500GB) , メモリ4GB
thunderboltからD-Subに変換してプロジェクタに出力。
PC(VJソフト”modul8″ → マッピングソフト”MadMapper”) → tripleHead → プロジェクター

[はじめに]
2ヶ月程前から映像出力時に映像が一瞬途切れるようになった。
(プロジェクターの映像が一瞬消えて信号が見つかりません表示。すぐに映像が復旧する。)
10分に1回ぐらいの頻度で、1分間に3~4回連続して発生する事もあり。
解決に至るまでの調査と結果についてまとめます。

[調査 & 結果]
1.電源供給が不安定なので発生する説。
 プロジェクターの電源を1つのタップから2~3台取っていたので電圧不安定が原因ではないか?
 プロジェクター1台でも発生したので電圧が原因ではない。
2.tripleHeadの故障説。
 tripleHeadを使用しないマッピング時にも発生するので原因ではない。
3.PCスペックが低い説
 映像を複数再生するとカクつく時があったのでPCスペックを強化して改善を試みた。
 HDDをSSDに、メモリを4GBから8GBに換装したが発生したのでスペックが原因ではない。

じゃあなんだよ。。。
色々とHPを検索するが同様の現象を見つけられない。
半ば諦めかけていた時1つのヒントを見つけました。
それは”無線設定を切る”というもの。
早速AirMacを切ってみると確かに発生しないぞ。
2ヶ月ぐらい前にmacのアップデートを行う為にAirMacを入にしたのと発生タイミングも合う。

そして昨日設定を変えてから初めてのマッピングを8時間行って一度も切れませんでした。
というわけで原因は”AirMacを切る”でした。

ここからは憶測です。
AirMacが入っていると無線を拾いに定期的にチェックを掛けているかもしれません。
マッピングをしている状態でmacでブラウザを開いて情報収集をしていたところ、
特定のサイトを開くと高確率で映像が途切れていたので別の理由があるのかもしれない。

MAC BOOKの排熱について

Mapping中に尋常ではないくらいPCの温度が上がり背面は手で持てないくらいの温度になりました。
温度上昇の原因と対策について考えて見ました。

アクティビティモニタで使用しているアプリケーションのCPUの使用量を調査します。
CPUの使用量が多ければ温度上昇の原因となっていると考えられます。
アクティビティモニタは[アプリケーション]-[ユーティリティ]-[アクティビティモニタ]から起動します。

150330

[原因]
VJソフト”modul8″でCUP使用量が90%オーバーしていた。
ソフトの設定で使用量を下げる事も可能ですが、色々と設定を触っている内に決定的な理由を発見しました。
外部映像を取り込むとCPU使用量が極端に上がります。
私の場合、取込み設定有り(使用量90%)。取込み設定無し(使用量40%)
マッピングソフト”MadMapper”のCUP使用量は40%ぐらい。
両方あわせると130%なのにどういう計算なのかわからない。。。

[対策]
1.PCを分解してファンの埃を取る。
2.ファンの制御ソフトを設定してファンの起動タイミングを設定する。

動作確認をしていて気になった点があります。
それはPCが暑くなっているのにファンが動き出さない事。
デフォルト設定ではファンの起動が遅すぎるので設定を変更すれば解消できるみたいです。
“Macs Fan Control”というソフトをダウンロードします。

150330

このソフトを入れて知ったのですが、macはPCのパーツ毎の温度を計測しているようです。
その中で一番温度が上昇しやすいCPUの温度が○度以上だった場合はファンを回すという設定を行います。

何もしない状態で50度前後だったので”ファン速度が増加を始める温度”を55度に設定。
“最大温度”を65度に設定しました。

ファンが回ると一気に温度が下がるのが確認できます。

4/4 kicks × MASTER MASTER NOISE BALLS Release Party@Dazz Bar

4/4は静岡Dazz Barでテクノパーティ4/4kicksに出演します。
4/4に4つ打ちパーティなんてそれだけでアガりますね。

150228

4/4 kicks × MASTER MASTER NOISE BALLS Release Party
2015. 04.04 SAT
@Dazz Bar
OPEN 22:00 DOOR 2000¥ 1D
DJs:
SHIGe(NIZI/TB/PRISM)
Tsuyoshi(TB/クラテン/R&P)
Hospital go(4/4kicks)
Chang
さのっち(cycle / Hz)
MATSURICO
Special guest live:
Master Master
VJ:
HAL
TIME TABLE
22:00 Chang
23:00 Tsuyoshi
24:00 SHIGe
01:00 MASTER MASTER
02:00 Hospital go
03:00 さのっち
04:00 MATSURICO

Art Connect SHIMADA

島田市で行われる”Art Connect SHIMADA”にマッピング映像を出展します。
映像を映すオブジェクトは”お茶の街島田”という事から茶箱に投影します。
期間中は映像がずっと流れていますので興味のある方は是非見に来て下さい。

150330

150330

会期 2015年3月27日(金)~2015年3月29日(日)
開催時間 10:00~18:00
開催地 島田市各所(静岡県島田市)
テーマ つつつつ

■コンセプト
アートで、街と人がつながる。
ARTで、コネクトする。

僕らの街をアートにしたら、どんな姿を見せるのか。
そんな想いからこの地域型アートプロジェクトはスタートしました。

市民が参加して、仲間が増えて、本当にワクワクするアーティストがいて。
舞台は”箱根八里は馬でも越すが越すに越されぬ大井川”静岡県の島田市。

これは「つながり」から生まれるアートプロジェクトの物語。
神社や写真、子ども、陶芸、空き店舗、映像、歴史、建築、インスタレーション…。
地域のキーワードがつながったとき、新しい街が見えてくる。

あなたも新しいアートのピースの一つ。街はあなたを待っています。
さあ、あなたの「つながり」を見つけに来てください。

つ・つ・つ・つ
ーつまらない、つまり、つながる、つくるー

見慣れた景色を、新しい景色に。
つまらない場所を、つまる場所に。
アートが変える、街の色。
つながって生まれる、新しい色。

MAC BOOK PRO(2010 MID)のHDDをSSDに換装

150330

VJ用に使用しているmac book proで、映像のカクツキや出力が一時的に止まってしまう為PCのパワーアップを図ることにしました。
今回はHDDからSSDに引越ししてアクセス速度の改善を試みます。

OSが”Lion”だと簡単な引越しができるという情報を発見。
http://datarescue.yamafd.com/howto_clone_hdd_to_another_mac_internal_hdd_3/

しかし自分のOSは”snow leopard”なので別の手を考えなくてはいけない。。。
知り合いからTimeMachineを利用した引越しが簡単であるという情報をゲット。
その内容は下記3点
1.現在使用中のHDDから外部HDDにTimeMachineでバックアップを作成。
2.macからHDDを外し、空のSSDを装着。
3.”バックアップから復元”機能を使い外部HDDで取ったバックアップからSSDにPC情報を引越し

ではTimeMachineのバックアップ。
https://support.apple.com/ja-jp/HT201250

“バックアップから復元”機能はこちら。
http://inforati.jp/apple/mac-tips-techniques/system-hints/how-to-restore-macos-system-from-time-machine-back-up.html
最近のmacは”command”キーを押しながらPC起動するとリカバリーの選択画面が表示されるらしいが、
私のはCDから起動しないとこのメニューは表示されなかった。ここで小1時間程悩む。。

そして。。。

無事にSSDに換装できました。
PCの起動時間が40秒から15秒ぐらいに短縮されました!!


この手段ではBoot Campは移行できないので別の方法を考えねばなりません。
Boot Campはまた次の機会に挑戦してみます。

別件ですが、Macの起動が遅いなぁ~と感じた時の対処方法なるものがいくつか紹介されています。
合わせて実行してみたので是非お試しあれ。
http://blog.livedoor.jp/khb02323/archives/51256507.html
http://developerwaiwai.blogspot.jp/2013/02/mac-os-x.html

macのターミナルで以下のコマンドを実行しろというものです。
sudo kextcache -system-prelinked-kernel

mac初心者なのものでターミナルが何たるかを理解していませんでした。
Windowsでいうコマンドプロンプトです。
Finderを起動し「アプリケーション」→「ユーティリティ」から「ターミナル」を起動。

RHYTHM TECH@FORCE

2/28に浜松FORCEで行われるRHYTHM TECHに出演します。
視覚効果を積極的に取り入れていくパーティでマッピング+レーザーで面白いことになりそうです。

150228

[TITLE]
RHYTHM TECH
[DAY]
2015/02/28(Saturday)
[TIME]
Open21:00 Close05:00
[PLACE]
FORCE
浜松市中区田町 315-31 3F
HAMAMATSUSI-NAKAKU-TAMACHI 315-31 3F
(JR浜松駅 北口 徒歩10分/遠州鉄道 第一通り駅 徒歩5分/東名高速 浜松IC浜松西IC 車で約20〜30分)
[PRICE]
ADV.Gentleman¥2.500/Ladies¥1.500
DOOR.Gentleman¥3.500/Ladies¥2.500
[SPECIAL GUEST]
REMO-CON(die Tunes/EXTREMA)
[LINE UP]
MAIN FLOOR
・REMO-CON(die Tunes/EXTREMA)
・U-1(mad focus/CLASH TEMPLE)
・Ryosuke Saito(RHYTHM TECH)
・44(RHYTHM TECH)
・NAOKI ASANO
・BRUNO
・YA$
SECOND FLOOR
・RYU
・OGU
・B5
・MOLLO
・SHOMA
・TAKESHIN
・MoE
[VJ]
HAL
[LASER]
RYOSUKE SAITO
[PHOTO]
M.KOBORI
[SECURITY]
3POUND
————————————-
SHIZUOKA/HAMAMATSUを舞台に不定期開催しているCLUB PARTY「RHYTHM TECH」
[音・空間]をテーマにHAMAMATSUでは普段、決して体感できないであろうCLUB PARTYを提供する。
基本の音を四つ打ち(4BEAT)とし、選りすぐりのDJを県内外からピックアップし最高な音を奏でる。
またVJ/LASERといった空間演出も見逃せない。
プロジェクションマッピングをいち早く取り入れ
四方八方からのLASER演出は最高な空間を演出する。
無限の可能性を秘めるCLUB MUSIC…
鼓動するBEATを伝える空間を伝染する人脈を
全ての集大成をRHYTHM TECHは表現する。
1度真面に体感したら引き返せない。
頭の先から足の先まで伝わるSOUNDはあなたを必ず芸術的な世界へと連れていくでしょう。
〜PROJECT by RHYTHM TECH〜
[Important Points]
・喧嘩またはその他お客様の迷惑が及ぶ範囲と判断した場合、即刻退場通報させて頂きます。
・未成年者の飲酒喫煙は法律に基づき禁止しております。
・運転者の飲酒も法律に基づき禁止させて頂きます。
皆様の御理解御協力宜しくお願い申し上げます。