TouchOSCとHeavyMの同一ネットワーク内での接続方法

フランス発祥のプロジェクションマッピングソフト”HeavyM”とhexlerから販売されているOSCアプリのTouchOSCの接続手順を公開します。

まず、HeavyMとは何か?
heavyMIcon
簡易マッピングソフトです。
最小の準備でマッピングができるソフトだと思います。
以下のHPから購入可能です。
https://heavym.net/en/
自分はKickStarterでマッピングソフトを作成しているという情報を得て、開発当時からその動向を探っていました。
今は製品版が販売されています。
HeavyM LiveというバージョンでOSCでコントロールが可能です。(HeavyM Startというバージョンでは使えません)

次にOSCとは何か?
ネットワークを介して、PC上のOSCに対応したソフトをリアルタイムに操作できます。
touchOscIcon

聴きなれない言葉なので難しいですね。。

OSCで操作する為には、OSC送信側ソフトとOSC受信側ソフトが必要になります。
今回はOSC送信側ソフト(ipadアプリのTouchOSC)からOSC受信側ソフト(HeavyM)を操作します。
touchOscConnect

では、TouchOSCの設定から。
今回の説明はipad版で行います。iphoneやAndroid版は若干画面が異なるかもしれません。

TouchOSCを起動すると、以下の画面が表示されます。
OSC:~の>ボタンをクリックします。
TouchOSC1

Hostの部分に接続したいPCのIPアドレスを入力します。
その他の設定はそのままでOKです。
TouchOSC2

MIDI Bridge:Disabled , CoreMIDI:Disabled , Optionsの設定は全てOFFにします。
ここの設定についてはONでも問題ないが初期起動に時間がかかるという事なのでOFFにしておきます。
TouchOSC4

LAYOUTですが、HeavyMのHPからTouchOSC用のレイアウトファイルが提供されているので使わせて頂きます。
下記ページからダウンロードできます。
https://heavym.net/en/help/tutorials/osc+documentation
“HeavyM-Live_587e41ff8728f.touchosc”というファイルがダウンロードできました。

このファイルをHeavyMに追加登録します。
追加する為にはTouchosc Editorというソフトが必要です。
Touchosc EditorはhexlerのHPからダウンロードできます。(下の方にリンクがあります。)
http://hexler.net/software/touchosc

ソフトをダウンロードすると以下のフォルダが表示されます。
layoutsフォルダに先ほどダウンロードした”HeavyM-Live_587e41ff8728f.touchosc”をコピーします。
TouchOsc_Editor1

Touchosc Editorを起動します。
Openボタンをクリックし、layoutsフォルダの”HeavyM-Live_587e41ff8728f.touchosc”を開きます。
TouchOsc_Editor2

Syncボタンを押します。暫くするとメッセージダイアログが表示されます。
この状態は、PC側は準備できたので、TouchOSCを起動してレイアウトを追加しなさい。という状態です。
TouchOsc_Editor3

TouchOSCのレイアウト画面の設定をします。
メインメニューからLAYOUTを選択します。
Layout画面でAddを選択します。
TouchOSC5

EDITOR HOSTSにTouchosc Editorを開いているPCのIPアドレスを入力します。
FOUND HOSTSにコンピューター名が表示されるので選択します。
TouchOSC6

PC(Touchosc Editor)からipad(TouchOSC)にレイアウトのコピーが始まります。
TouchOSC7

TouchOSCのメインメニューの右上にあるDoneをクリックします。
TouchOSC8

HeavyMの設定
HeavyMを起動します。
Controlの”Change OSC Setting”をクリックします。
HeavyM1

“Incoming Port”と”Cutgoing Port”はそのままでOK。
IPアドレスにipadのIPアドレスを入力し、OKボタンをクリックします。
HeavyM2

Controlの”Enable OSC Control”(接続)をクリックします。
これでipadとOSC通信状態になりました。
Controlメニューを開くと、”Enable OSC Control”が”Disable OSC Control”(切断)となっています。
HeavyM3

上記手順で接続できない場合はウィルス対策ソフトでポートがブロックされている可能性があります。
ウィルスソフトを無効にすると接続できます。(私もここで引っかかりました。)

以上、長文になりましたがHeavyMとTouchOSCを使っている方がいましたら是非参考にして下さい。

————————————————————————–

TouchOSCを使ってのHeavyMの操作ですが想像以上に快適です。遅延なしです。
但し、現場ではネットワークを用意するのも大変ですし、レイアウトも自分で作ったものを使いたいので、
引き続き手順について公開していきます。

BIRTH@折々

10/29に浜松折々ギャラリーでライブペイント×マッピングの演出をしました。
Robert Edwinさんがペイントしている絵をマッピングで事前に作りこんだ映像に埋め込んでいます。
初の試みでしたが今まで見たことのない演出で面白かったです。

TripleHead設定

今までTripleHeadで3画面出力する際に2400×600で800×600を3つ横並びという出力をしていました。
あまりに解像度が低いので解像度を高く設定できないものかとTripleHeadの設定を触ってみたので理解した範囲で覚え書きを残しておきます。

まず画面右上のTripleHeadのアイコンをクリックし、”Open Matrox GXM Control Panel”をクリックします。
※アイコンはTripleHeadのドライバをインストールしないと表示されません。
output

この画面で各画面の解像度を設定する。のだと思います。
まず①の”Number of Displays”から設定する画面番号を選びます。
②で画面の解像度を選択します。
③ボタンで選択した解像度を有効にします。
“Active Resolutions and Refresh Rates”に画面番号と解像度がセットされます。
(③ボタンの下のボタン<-で設定を取り消しできます。)
上記作業を画面数分繰り返します。例では800×600で3画面分設定しています。
④ボタンをクリックすると設定がTripleHead本体に登録されます。
output

すぐに再起動するか、後から再起動するか確認ダイアログが表示されます。
すぐに再起動する場合は”Yes”を選択します。
output

再起動したら画面右上のTripleHeadのアイコンをクリックし、”Change Display Setting”をクリックします。
output

3画面分解像度が表示されている事を確認し”Apply”ボタンを押すと3画面に映像が表示されます。
これはやらないといけない場合とやらなくても自動で映像が表示された事があったので必須なのかわかりません。
output

設定は以上なのですが、
1280×800の映像を3画面出力した場合3画面目が表示されないという不明な自体に陥りました。
“Open Matrox GXM Control Panel”画面で1280×800の設定を3台分したのですが、
“Change Display Setting”画面で2つの解像度しか表示されず映像も2台分しか出力されません。
output
output

暫く検索していたらこんな記事を見つけました。
Macで2画面出力は1920×1200いけるけど、3画面だと1360×768までしか対応せんよという事らしいです。
1280×800の800の部分が引っかかっていたんですね。
http://www.matrox.com/graphics/jp/products/gxm/mac/choice/
output
output

AndroidでVJしよう

一昔前までは自分もDVDプレイヤーを持ち歩き、DVDをセットして映像を流したりしました。
単純に映像を出力する手段が他になかったからです。(あるかもしれないが一番安価な手段だった。)

その次にi-podに映像をセットして映像出力。
i-podはDVDに比べてかさばらず映像の選択も楽なので随分と楽をさせて貰いました。
しかし、動画ファイルの作成に癖があり高画質で出力するとなると作成面で面倒がありました。

そして、使わなくなったスマホ(Android)の出番です。
映像をMixするアプリはないものの、ループ映像を流すだけいう使い方をすれば
旧式スマホでもVJ機として活躍できます。i-podでも書いたけどかさばらないのが一番。
アプリは”MxPlayer”がお勧めです。ほぼ何でも再生するし、連続再生もカクつきがありません。
映像の作成面の問題も克服でき、映像サイズもハイビジョンでも固まらない。
iphoneだとVLC(アプリ名)で同じような事ができるんじゃないだろうか?

output

映像出力するにはスマホからHdmi出力します。
AndroidならMHL機能を使って出力。変換ケーブルは2000円ぐらいで購入できます。
iphoneだとLightning⇔Hdmi変換ケーブルが5600円で購入できるそうです。
※androidはMHL機能がないと映像出力できません。

最新スマホは映像を無線で飛ばす機能があるけどMHL機能がないものがあったりするので、
VJ用途はできないです。(無線だと映像に遅延が発生する。)
MHL機能付きのスマホがあったら是非トライして下さい。

MadMapperプロジェクター設定

MadMapperでTripleHeadを接続して作業する時にいつもハマるので覚え書きします。
MadMapper上で作業するときの作業スペースを指定するのはこちらの画面。
左真ん中らへんの”Stage size 2400 600″ってとこが作業スペースの指定になります。
TripleHeadでは800×600のモニタが3つ並ぶので2400×600となります。

output

次に出力するプロジェクターの設定はこちらの画面から行います。
“Output size 2400 600″という箇所でプロジェクターへの出力サイズを指定。
“Output Destination”で出力するプロジェクターを指定します。

output

“Output Destination”を選択しているのがこちらの画面。
プロジェクターが接続されていないと”None”だけが表示されています。(カラーLCDもあったかな??)
この状態でFull Screen指定するとノートPCのモニタにMadMapperの映像が出力されるのでパニックになります。
(これは自分がよくやる失敗です。)

TripleHeadを指定するには”TH2Go”を選択します。
この状態でFull Screen指定するとTripleHeadに接続されたプロジェクターに映像が出力されます。

output

[おまけ]
随分前のバージョンから使用できる機能ですが、最近使うようになりましたので紹介。
Mappingした状態をプリセット登録して瞬時に呼び出し可能な機能です。
複数のシーンをコントロールする場合に重宝します。

output

PRISM@Crazy Frog

5/14に藤枝Crazy frogでPRISMを行います。今度で12回目になるんですね。
今回はゲストにSHIMAさんを迎えライブがあります。
今までのPRISMとはまた違った色を見せながら4つ打ちもありです。
イベントに欠かせないマッピングにも当然力を入れていますよ。
時間のある人は必見、是非遊びに来ましょう!!

160514

PRISM@crazy frog
2016/5/14(sat) 21:00〜
1500yen(with 1drink)

[LIVE]
U-DISQO feat.SHIMA

シンガーソングライター SHIMA
1990年生まれ、熊本県出身。
高校卒業後、アーティストになるため上京。
6年間一般企業で働くも、アーティストの夢を諦めきれず退職。その半年前に作詞作曲、DTMでの編曲を独学で勉強し楽曲制作を始める。
オリジナルソングや国内外アーティストのカバーソングをYoutube,Instagram,Facebookに公開するとその歌声に一気に注目が集まり、Instagramフォロワー数が1000人を突破。
Youtube再生回数も50000回を記録するなど、着実にファンを増やしている。
2015年11月からは、その歌声を生で伝えるべく関東を中心に駅前などで路上ライブを開始。
2016年1月から、ライブハウスやクラブでのライブ活動も開始。
http://xxshiotkxx.wix.com/shima

静岡を拠点に活動するトラックメイカー、
U-DISQOとの楽曲「Runway to JOURNEY」がSoundcloudにて配信中。
今後、楽曲提供を含め、様々なアーティストとのコラボレーションや、自身のメジャーデビューに向けてさらなる活躍が期待される。

[DJ]

NISHIO
Maatea
U-DISQO
Kozi Komatsu
NAMI

[B2B]
地Q
・Q(R135TRACKS/Global Airwaves)
・Earth(だん☆れぼ/PRISM)

[VJ/Projection Mapping]
HAL(PRISM)

[DECO]
NORI(ANOTHER TRIP/DDT)

【about PRISM】
techno ,electro ,tech house 4×4 party!!!
『分散.屈折.反射』
の三元要素をモチーフに繰り広げられる
音と映像と光によるエレクトリックMuzikパーティ!!

【CRAZY FROG】
〒426-0034
静岡県藤枝市駅前1丁目7-14すずろくビル202
TEL : 054-644-5600
アクセス方法 JR東海道本線藤枝駅下車。
改札通過後右手方向北口から徒歩1分。

8bit ゲェム大会CX@FreakyShow

来月4/29に静岡FreakyShowでゲーム大会を開催します。
去年の12/12に第1回を行ったのですが思いのほか反響があり2回目を企画しました。
真面目におふざけ?的なノリで、音響、映像は結構本格的に頑張ります。
ゲーム大会は結構緩い感じですので飛び込みOK!!
複数タイトルでトーナメントをやり、
別のブースでは難しいゲームをみんなで協力してクリアする、ゲームセンターCX的な事もやります。
ゲームが好きな人は覗きに来てください。

160429

>>>>>>>>>>>>>>>
★8BITゲエム大会CX 2
 @freakyshow

日時:2016/04/29 祝日金曜日
開催時刻 PM19:00~夜半マデ

charge : 1000円 1drink付

GW初日4/29祝日!フリーキーショウにてファミコン ドリキャス サターン時代のゲエム大会開催!
DJ機材、VJ機材を持ち込んで完全なクラブ環境を作り、そこに8BITのファミコンをつなぎ、プロジェクターの大画面で、JBLスピーカーからの大音量で爆音プレイ!

音声はミキサーDJM-800に、映像は映像ミキサーEDIROLにいくので、ファミコンの音と映像にエフェクトかけ放題!
マリオブラザーズにリヴァーブかけてリヴァーブブラザーズに!
ファイナルファイト、スペランカー熱血硬派くにお君大運動会、ロックマン、鉄拳、コナミワイワイワールド、グーニーズ、初代ストⅡ、忍者龍剣伝、たけしの挑戦状、などなど
電気グルーヴの有名なあの伝説のクソゲーもプレイ!?
GWはフリーキーショウにて酒かっ喰らって屋内箱内に引きこもって(良い大人が)ゲーム三昧しましょう!ぜひ。

★出演
・ゲーム音楽DJ
しっちゃ / つっちー
・司会
スナオマサカズ
・VJ
HAL

ストIIターボ トーナメント大会有り!現在2015年なのに!参加者求む!優勝賞金マジでアリ!

★タイムテーブル
19:00 open
オープニング爆音ゲームプレイ
・PS2 REZ をJBLスピーカー爆音プレイ!クラブか!てぐらい踊れます?
・スーパーマリオ 8-4まで全クリタイムアタック(ワープゾーン使用可)

20:30 ゲーム音楽DJ しっちゃ
21:00 ストIIターボ 天下一武道会?俺より強い奴に会いに行く
21:30(スト2終了次第)DJ つっちー
22:00 ブシドーブレード弐百人斬り合戦!真剣血しぶき勝負!
22:30 バルーンファイト風船わり合い殺し合い大会!
23:30 スーファミマリオカートガチンコ勝負!
他ボンバーマン、スマブラ、餓狼伝説など…
(大会終了次第)アフターフリーゲーム自由にやり放題(良い大人が爆音で)

★同時進行
ゲームセンターCX状態ブースにて
・目指せ!鬼ムズゲーム代表格忍者龍剣伝2全クリ

場所:Live Bar Freakyshow
静岡市葵区両替町2-4-9フィエスタ両替町(旧日映森岡ビル)5F

島田の人めぐり

来月4/25に島田市の各書店で”島田の人めぐり”という本が発売されます。
この本は島田市出身、又は現在活動している方をインタビューした本で
“町を知る本”をコンセプトに作られた一風変わった本です。

そして、、
こちらの本に載せて頂きました!!!!
去年、Art Connectという島田市のアートに出演させて頂いたのですが、
イベント企画をした”クロスメディアしまだ”さんからの出版になります。
売っているところをみたら是非手に取ってください。

shimada

Mystic@MAGO

来月4/2に名古屋MAGOで開催されるMysticの5周年に出演します。
メインステージでプロジェクションマッピング & VJをやります。
面白い演出をしますので是非遊びに来てください!!

160402

Mystic 5th Anniversary feat.Orkidea
at club MAGO
2016.4.2(SAT)
Open 22:00
ADV3000yen
http://iflyer.tv/event/259388
DOOR3500yen

-Main Floor-
【Special Guest DJ】
Orkidea(PureTrance/BlackHoleRecordings)

【Guset DJ】
Shingo Nakamura(Silk Digital/Otographic music)

【DJs】
neco8(NECO+masa8)
HAGI(Mystic/Alstroemeria)
MANABU(Rhythmix/alterActive)
tessin(with)

【VJ】
HAL(PRISM)

【Dancer】
piXie(merife/eNs)

【Total Lighting Produse】
Interbright

-Mystic Lounge Floor-
【DJs】
AKISS(Inner Space)
Maacy(ENTIA RECORDS/sensualism)
Ryosuke(A.T.A /T-sound)
MITTUN(MODERN PEACE)
CHIORI(A.T.A /T-sound)

【VJ】
helsee(HAPPY JOINT)

【Photo】
TANA

【Design】
LiGHTEN

【Special Thanks】
Happy Joint

2011年よりTrance,Progressiveサウンドを名古屋に届け続ける”Mystic”が今年で遂に5周年を迎えました!この5年間、Protoculture,Jaytech,Soundprank,Moonbeam,Pena,Nhatoと、著名で実力のあるTrance,Progressiveアーティストと共にMysticは進歩を遂げました。そして大きな感謝を込めて今回5th Anniversaryとして開催します!
この特別な夜を共にするのは、90年代よりキャリアをスタートさせ、そのキャリアに裏付けられたTranceシーンのレジェンド、Finlandのポールスター”Orkidea”名古屋初公演と、Mysticには3回目の出演となり、日本国内だけにとどまらず世界で活躍する”ShingoNakamura”が出演!
もちろん過去の出演者も駆けつけ、5周年を祝います!
Trance,Progressiveからchilloutまで網羅するサウンド、音楽を洗練された映像で表現するVJ,七色のレーザー、そしてダンスパフォーマンス…様々な形でMysticの提唱する”Trance Music”を
国内屈指のサウンドシステムを誇るClub MAGOにて表現します。
このパーティーで今までの5年間はもちろん、これからの5年間を”Trance Music”の多幸感と共に感じましょう!

Orkidea [Pure Trance / Blackhole Recordings]

ヘルシンキ出身のOrkideaは自身が10代であった90年代初頭からDJとしての才能を開花させており、これまでのキャリアにおいてフィンランドやデンマークなど北欧諸国においてベストDJに幾度となく選出。特に90年代後半からのトランスムーブメントではUKを中心にヨーロッパ全土へと活動の場を広げており、レジェンドとしての地位を確立したトップDJである。
 
アーティストとしてもこれまでにオリジナルやRemix、ベスト盤を含む6枚のアルバムと多数のMix CDをリリースしており、初期の名作”Beatutiful”やAndy Moorとのコラボで大ヒットした”Year Zero” 、Solarstoneとの数年に渡るコラボレーションによる”Slowmotion”シリーズ、Tiestoを夢中にさせたWay Out West “Killa”のOrkidea Remixなどの代表作を持つ。

特にDead Can DanceのThe Host of Seraphimを大胆にサンプリングした名作”UNITY”はPaul OakenfoldやSasha、Digweed、Pete Tongらによってパワープレイされた一曲で、Euro Trance初期の名作と言えるだろう。
 
また、Solarstone、Giuseppe Ottaviani (a.k.a. Nu NRG)らと共に手掛ける新たなムーブメント”Pure Trance”ではDJとしてProgressive HouseとProg Tranceを織り交ぜた独自のサウンドを展開。絶妙な選曲と絶対的なスキルから生み出されるそのプレイはウォームアップやロングセットを問わず、フェスティバル主体となった今のトランスシーンから失われつつある叙事詩のような一夜の幕開けとしてなくてはならない存在感を示している。

近年ではArmin van BuurenやAly & Filaをはじめとする多くのTop Trance DJ達に大絶賛された “Purity (Sneijder Remix)”がBeatportのTranceシングルチャートで見事1位を獲得。2015年には最新アルバム”Harmonia”がBlackhole Recordingsからリリースされた最も人気のあるアーティストアルバムにも選ばれている。

WEBSITE
http://http://www.djorkidea.com/

FACEBOOK
https://www.facebook.com/orkideadj

SOUNDCLOUD

擬似NTSCをV4-EXに取り込んだ場合

PS2以前ぐらいのゲーム機は擬似NTSCという信号で映像が出力されています。

擬似NTSCの映像を非対応の画面で表示するとチラつきが起こります。
例)ニューファミコンをRolandV4-EXに出力した場合。

PCでゲーム画面のキャプチャを行う場合にも同じような現象が発生するようです。

“画像安定装置”やUSBキャプチャ(擬似NTSC対応品)等使­用する事で改善されることがあるようですよ。
RolandのV-4では取り込みが行えました。